ひきこもり 脱出 不登校 子供 心理

不登校の子供の心理

 

不登校になってしまう子は、
このように考えているかもしれません。

 

子供はどんなことを考えているか?

 

親は、兄弟の話はよく聞くけど、自分にだけは
怒ってばかりで、全然受け入れてくれない。

 

自分のことよりも、他の子どもをかわいがる。
もっと自分のことをわかって欲しかったし、話を聞いて欲しかった。

 

親に対して、このように思っている子が、
不登校になったりひきこもりに

陥ってしまったりするケースが少なくありません。

 

親が
「なんでこんなこともできないのか!」

「こうしなさい!」」

 

と子供に対して、一方的に強く言ってしまったことで、
自分は親に受け入れてもらえない、

理解してもらえないと子供は不信感を抱いてしまいます。

 

親が子供の要求を受け入れることができないのなら、
子供は自分の中で、何とか解決しなくてはならいと

考え込み、葛藤を起こしてしまうのです。

 

子供の為と思っていても。

 

親にとっては、子供のことを思って、
そのような態度をとってきたのかもしれません。

 

けれど子供にとっては、自分のことを
受け入れてくれない、愛されていない、と思ってしまいます。

 

子供の訴えに振り返らない親は、子供に
疑問や矛盾の心をもたせてしまいます。

 

子供の心は壊れやすいよ。

 

そのような子供の心はとても壊れやすく、
一人では学校や社会の厳しさを、乗り越えることができません。

 

そして、人と無理に合わせようすることで、疲れてしまい、
その果てに自分の殻に閉じこもってしまうのです。

 

さらに、自分はこんなに苦しんでいるのに、
親は理解してもらえないと思い込み、不安や絶望感が増幅してしまいます。

 

その結果、不登校やひきこもりに陥ってしまうのです。