ひきこもり 脱出 不登校 理由

不登校になる理由

 

不登校でひきこもりの子は、
学校に行かない理由がそれぞれ違います。

 

理由はそれぞれです。

 

家庭内の環境やしつけ、教育が原因となり、
親子の間でコミュニケーションが取れなくなったり、

 

引っ越しなどによる環境の変化で戸惑ってしまったり、
人間関係のトラブルがきっかけとなったりして、

学校へ行けなくなることが多いです。

 

勉強することは好きだけど、教師の方針に納得がいかないとか、
自分の理屈に合っていないか、利己主義が強い子供もいます。

 

学校へ行く意味がわからず、だんだんと通学しなくなり、
登校拒否になってしまう子もいます。

 

教師や友達とのトラブルによって、孤立してしまったり、
いじめや嫌がらせにあったりすることもあります。

 

また、自律神経の乱れによって、学校に行こうと思うと、
お腹や頭が痛くなったり、吐き気を感じたりする子も多いです。

 

いじめを受けて悩んでいるのに、先生が無頓着で
全然助けてくれずに、信頼できる人がいないことで不登校になる子もいます。

 

また、自分の意志を抑えて、無理に周りの環境に
合わせようとしているので、心は葛藤してしまいます。

 

そのため、ますますストレスがかかって
自分自身を見失い、心は崩れやすい状態になります。

 

それでも学校に行かなくてはと思うと、どんどん不安が襲ってきて、
自律神経が乱れてしまい、腹痛や吐き気などの症状が現れるのです。

 

多くの不登校やひきこもりの子が、このような悪循環を繰り返し、
学校へ行きたくても行くことができない状態にあるのです。