ひきこもり 脱出 家族 役割

家族の役割

 

子どもさんがひきこもってしまったら、
家族はどうしてそうなったのか分からず、

長い間悩んできたと思います。

 

過去や自分を責めないで。

 

しかし、その原因を過去に探しだそうとしたり、
自分に責任があるのだと後悔したりしても、

良い解決は見つかりません。

 

ひきこもりになる原因には、複雑な多くの
要因が絡み合うことで、生じるものなのです。

 

ひきこもりの問題を抱えている家庭に、
特別な原因があるというわけではありません。

 

どこの家庭でもあり得ますよ。

 

ひきこもりとは、どの家庭においても起こる
可能性がある問題で、社会問題として扱われています。

 

過去に原因を探るよりも、これからの未来を
どうしたら良いのかに目を向けることが大切です。

 

ひきこもっている本人にとって、身近な家族だけが、
コミュニケーションをとることができる唯一の存在であることが多く、

家族が果たす役割はとても大きなものとなります。

 

しかし、本人のことで悩み続けていると、
心も体も疲れてしまい、社会から孤立してしまう可能性があります。

 

支える側がそんな状態では、とても大変で耐えられないことだと思います。

 

家族全体に強い緊張状態が続いていたら、
本人も家族もさらにストレスがたまってしまいます。

 

家族もゆとりを心をもとうよ。

 

本人が落ち着くことができる環境にするためには、
家族のそれぞれが自分自身の生活を楽しんで、

ゆとりのある心をもてることが大切なのです。

 

本人が辛い思いをしている時に、
自分だけ楽しむなんて申し訳ない、と思う方もいるでしょう。

 

しかし、家族が疲れ果てて、社会と接点をもたなくなると、
家庭内が重々しい空気に包まれてしまいます。

 

まずは、家族みんなが外へ積極的に出るようにし、
毎日の生活を楽しんでみましょう。

 

家庭内の重たい雰囲気が和らぐことによって、
解決のきっかけとなるかもしれません。