ひきこもり 脱出 暴力

暴力を振るってしまったら

 

ひきこもり状態が続き、自分では
どうすることもできないことに、もどかしくなったり

イライラしたりするときは、家族にあたってしまうこともあると思います。

 

暴力を振るいそうになったら

 

また、辛さに耐えられず、暴力を振るってしまう時もあるかもしれません。

 

このような行動をやめたいという気持ちがあるのなら、
自分の本心に気づくことができたという証拠です。

 

あなたが目的としていることは、
決して誰かを傷つけるということではないですよね。

 

もし、あなたが暴力を振るってしまいそうになったら、
一度その場所から離れてみてください。

 

家族に離れてもらっても良いでしょう。
そして、家族に対する暴力をやめることができたら、

自分自身を褒めましょう。

 

ひきこもりは恥ずかしくないよ

 

また、ひきこもりから抜け出すためには、
自分自身を受け入れることも大切です。

 

ひきこもっていることは、恥ずかしいことではありませんよ。

 

何か原因があって、その環境に付いて行けず、
ひきこもってしまうことは、誰にでも起こることがあるはずです。

 

もし、自分を否定していたり責めたりしているのなら、
自分自身を受け入れていないということかもしれません。

 

あなたは、生まれた瞬間から今まで、
あなたらしさをたくさん育んできました。

 

自分では短所だと思っていることでも、違った捉え方をすると、
それは自分を守るための長所である場合もあります。

 

長所も短所もあるからこそ、一人の人間としてのあなたが存在するのです。
あなた自身が、あなたの個性を受け入れることが、とても大切なのです。