ひきこもり 脱出 家族

家族にできること

 

ひきこもっている本人は、部屋にずっと閉じこもって、
インターネットやゲームをやっていても、

本当に楽しいと思って続けているわけではありません。

 

本人は、分かっていますよ。

 

家族の気持ちを、人一倍感じ取っていることが少なくありません。

 

家族が自分のことで悩んで、
大きな負担をかけていることはわかっているし、

 

申し訳ないと思うけれど、どうしたら良いのか
見つけ出すことができません。

 

心のどこかで、今の状態を何とかしたい、
自分の悩みを理解してもらいたいと思っているものです。

 

家族が理解してあげよう。

 

家族はひきこもっているのには、
原因があることを理解し、

本人が安心できるような環境を作ることが大切です。

 

そのためには、家族は今ある状態を理解し受け入れている、
という雰囲気が本人に伝わるようにすると良いでしょう

 

まず、家庭の中で本人が安心して振舞うことができれば、
自然に家族と会話することができるようになるかもしれません。

 

話題も大事だよ

 

コミュニケーションの仕方は、社会的な将来についてではなく、
今の日常生活についてなどを話題にしましょう。

 

また、本人が日ごろできていることに目を向けて、
誉めたりお礼を言ったりすることに心がけましょう。

 

そのようにすることで、だんだんと
心を開くことができるかもしれません。

 

家族だけが社会の接点

 

返事が返ってこないとしても、あいさつをしたり、
本人の良い点を伝えたりすることを続けてください。

 

家族とほとんど顔を合わせないのなら、
メモや手紙などで、メッセージを

伝えるだけでも効果はあるはずです。

 

ひきこもっている本人にとっては、
家族が社会との唯一の接点である場合も多いです。

 

このような負担によって、家族の方が
疲れてしまうケースもあります。

 

家族が、悩みを打ち明けたり、
相談したりすることができる場所に出かけ、

自分だけが悩んでいるのではない、
ということを知ることはとても大切です。