ひきこもり 脱出 サポート校 通信制高校

サポート校と通信制高校

 

「サポート校」とは、
通信制の高校に在籍している生徒が、

3年間で高校を確実に卒業するために、
学習面と生活面においてサポートする民間教育機関のことです。

 

ただ、「サポート校」は、
学校教育法で定められていない非認可施設です。

 

しかし、それだけに、それぞれの学校に
個性的な特徴を持っており、不登校やひきこもりで

悩む学生にはとてもおすすめの学校です。

 

サポート校の中には、登校促進型の学校もあり、
不登校やひきこもりなどで悩んでいる生徒のことを考慮して、

学校に通いやすい環境を提供しています。

 

また、同じような状況にある生徒が集まっているので、
お互いを理解することができ、友達をつくりやすいです。

 

さらに、音楽や芸能、各種資格など、ジャンルが多岐に渡り、
自分が興味をもっていることを専門的に学ぶことができます。

 

「サポート校」では、
高校卒業資格を得ることができませんが、

 

「通信制高校」は
法的な学校としての認められた高等学校です。

 

つまり、テストなどを受けることで、
決められた要件を満たせば、

高校卒業資格を得ることができるのです。

 

一般的、サポート校で興味のあることを専門的に学び、
通信制高校で高校卒業資格を取得する、というケースが多いようです。

 

通信制高校はほとんど自習なので、現状としては、
卒業を3年間でできる人はとても少ないです。

 

そのため、通信制高校では
不十分な学習をサポート校で補い、

 

さらにやりたいことを磨く、
という流れになったのでしょう。