ひきこもり 脱出 子供のいじめ

子供のいじめ

 

子供さんが学校などでいじめられたことによって、
不登校やひきこもりになってしまう場合があります。

 

いじめが原因

 

それでは、子供さんがいじめられたとき、
どのような対応をしたら良いのでしょうか?

 

大切な子供さんがいじめられていることを知ったら、
親は腹が立って、相手の家にいきなり怒鳴り込みに

行くような行動をとるかもしれません。

 

ところが、そのような行動は、さらにいじめを
激しくしてしまうことがあるので、絶対にやめましょう。

 

子供の話を聞こう。

 

まずは、子供さんの話を聞くことが大切です。

 

いじめられた子は、なかなか話そうとしないかもしれませんし、
本当のことを話さない可能性もあります。

 

また、いじめられたことでパニック状態となり、
自分でうまく整理して話すことができないと

思うので、親がうまく整理してあげてください。

 

状況が把握できたら、当事者ではない
親に相談することも1つの方法です。

 

なぜなら、第三者は冷静に
判断することができるからです。

 

状況を整理することができたら、
担任の先生に詳しく伝えてください。

 

たいていの先生なら、
解決方法を一緒に考えてくれるはずです。

 

もし、いじめてしまったら。

 

では逆に、子供さんがいじめをしてしまったときは、
どうしたらよいのでしょうか?

 

やはり第一に、謝罪することが大切です。

 

たとえ、自分の子に全ての責任がないとしても、
相手の家に子供を連れて息、謝罪する必要があります。

 

一方的に責められるかもしれませんが、
その場では我慢しましょう。

 

次に、いじめに至った事実関係を明確にしましょう。

 

どのような状況でどんないじめ方をしたのかとか、
いじめた子とは普段どのような関係であったのか、

 

などを整理することで、今まで気づかなかった
子供の性格が見えてきます。

 

いじめの原因

 

最後に、いじめに至った原因を考えてください。

 

ほとんどの場合が、複雑な要因が絡み合うことで、
いじめという形になってしまったと思います。

 

また、いじめをした子供は、その原因について
理解していないこともあるので、

あまり追求し過ぎてはいけません。

 

友達をどうしていじめてしまったのか、
ということをよく考え理解することで、

あなたも子供も、一歩前へ進むきっかけとなるでしょう。