ひきこもり 脱出 社会復帰

社会復帰への道

 

ひきこもりを解決するためには、

  • 両親
  • 精神科医
  • カウンセラー

また場合によっては職場や学校などが協力し、
支援を続けていく必要があるのです。

 

ひきこもりの原因は、複雑な要因が絡み合っています。

 

そのことから、カウンセリングを行なうことにより、
その原因を少しずつ整理していくことで、

解決への方法を導き出せる場合もあります。

 

精神疾患の場合

 

うつ病や対人恐怖症などのような精神疾患がみられる場合は、
精神科を受診して、適切な治療が必要な場合もあります。

 

外出や登校、公共交通機関を
利用することができない場合は、

 

段階的な行動療法を行なって、
補助者と一緒に改善を目指す方法もあります。

 

また、ひきこもりから脱却できても、
その後もいくつかの問題が起こります。

 

学生の場合

 

学生の場合は、同級生との学力の格差が大きいと、
やる気をなくして、またひきこもりに

戻ってしまう場合があります。

 

この場合は、学校の先生や家庭教師などに
本人の状況を理解してもらい、

 

学力を取り戻すことができるように、
個別に努力していく必要があります。

 

ところが、高校や大学においては、
出席日数や単位が足りないと、

留年や退学になってしまうこともあります。

 

そのような場合は、学費の問題や心のケアが必要となります。
また、そうなってしまった場合の選択肢として、

 

大検受験をサポートする施設や、
通信制の高校などへの再進学が考えられます。

 

社会人の場合

 

社会人の場合でも、履歴書にひきこもっていた
空白の期間があると、

どうしても就職活動で不利になってしまいます。

 

そのために、職業訓練を受けたり、
資格を取得したりして、

能力を認めてもらえれば有利となります。