ひきこもり 脱出 行動 気持ち

ひきこもりの行動と気持ち

 

ひきこもりの状態では、気持ちがいろいろと変化してきます。

 

そのため、ひきこもりになる前のように、
自然な振る舞いができなくなってしまう場合があります。

 

生活のリズムをもとう

 

たとえば、何か行動しなければいけないとは思っても、
どうしていいのかわからないので、

 

そのうちやる気にもならない、
という状態になっていることが多いです。

 

そんな状態ならば、毎日同じ時間に起きるようにして、
顔を洗ったり、朝食を摂ったりといった、

日常の行動をするように心がけてみましょう。

 

自分ができそうなことから、
少しずつ始めてみることが、続けられるコツです。

 

何かすることを見つけよう。

 

社会に出ようとしても、
なかなか思うように体が動かないかもしれません。

 

そして、動けない自分に、腹が立って
イライラしてしまうことがあると思います。

 

そのような場合は、その時自分が感じた気持ちを
ノートなどに書き出してみると、案外気持ちが楽になるものです。

 

ひきこもりの人は、今の状態が
一番落ち着く、と感じているかもしれません。

 

しかし、それは心の底から思っているのではないはずです。

 

孤独、不安、焦りなどの思いが募って、
追い込められている場合が多いです。

 

そのために、家族にあたってしまったり、
ヒステリックになったりすることがあるのです。

 

また、同じ行為を何度もしてしまい、
おかしいと思っても、止められないことがあります。

 

その場合は、無理に止めようとしなくても大丈夫です。
何度繰り返すか決めたり、ほかに何かすることを見つけたりすると、

楽になって止められることがあります。

 

勇気があるのなら、病院や相談機関に相談してみましょう。
きっとあなたの悩みを解決する方法を見つけてくれると思いますよ。