ひきこもり 薬

ひきこもりに薬は必要?

 

「ひきこもり」というものは病気ではないのですが、
その状態が長引くと、さまざまな精神症状が

現れてくることがあり、さらに抜け出すことが難しくなります。

 

薬が有効の場合がある

 

ひきこもりには「治療薬」がありませんが、
悩まされている症状を緩和させるためには、

薬を使用することが有効となる場合もあります。

 

たとえば、まったく動くことができなかった人が、
抗うつ剤を少量服用したら、

だいぶ動けるようになってきた、という事例もあります。

 

また、緊張して人と話ができない場合や、
外に出る勇気をもてない人が、

 

抗不安薬を少量使用することで、
落ち着いた状態を保てる場合もあります。

 

たとえ薬の力を借りながらでも、
徐々にその場に慣れることで、自信をつけることも大切です。

 

もちろん、薬が自分に合わないようなら、
無理して服用する必要はありません。

 

薬とは、その効果が現れることで、初めて意味のあるものです。

 

必ず医者の指示に

 

しかし、精神科が処方する薬の中には、
効果が現れ始めるのに、数日かかるようなものもあります。

 

自分だけの判断で使用したり、
中断したりしないで、担当医の指示に従ってください。

 

薬の副作用は、体にだるさを感じたり、
のどが渇いたり、眠気を感じたりします。

 

副作用の程度を確かめながら、
必要な場合に使用するようにしましょう。

 

薬による後遺症や依存症が心配かもしれませんが、
医師の指示をしっかりと守って治療を受けていれば、

問題になることはほとんどありません。

 

場合によっては、薬に助けてもらうことも良い方法なのです。