ひきこもり 脱出 昼夜逆転

ひきこもりによる昼夜逆転

 

ひきこもりの人は、生活が昼夜逆転している状況が多いです。

 

明け方まで起きていて日中は眠っており
夕方になると起きてくる、という昼夜逆転の生活は、

家族にとってみれば、非常に腹立たしく思えるかもしれません。

 

生活が昼夜逆転

 

まず家族は、このような生活態度を、
どうにか正そうとするかもしれません。

 

しかし、生活リズムだけを正すことができても、
本当の意味で解決したとは言えないのです。

 

このように昼夜が逆転してしまう背景には、
さまざまな理由が考えられます。

 

「日内リズム」

その1つは、昼間の太陽光線に当たっていないので、
体内時計が正しく働かず、1日を周期とする

「日内リズム」がずれてしまっているからです。

 

心理的な問題

もう1つの理由は、心理的な問題です。

 

昼間は、自分以外のみんなは、元気に学校や職場に通ったり、
楽しい時間を過ごしていたりしているのに、

 

自分は何もすることなくひきこもっていて、
どんどん世間から見放されていってしまうのではないか、

という焦りや不安が襲ってくるものです。

 

このような苦痛から逃げ、周りを意識したくないために、
昼夜逆転となることも考えられます。

 

あまり気にせずに

 

逆に、ひきこもりの状態に変化があれば、
昼夜逆転のような症状は徐々にみられなくなるでしょう。

 

また、ひきこもりの状態において、無理をして早起きしようとしても、
本人にとって意味のある行動だとは言えないでしょう。

 

むしろ、生活リズムが乱れていることは、
あまり気にしないほうが良いでしょう。

 

病気なら専門医に

 

ただ、一日中眠れないような不眠の状態にあるのなら、
神経に障害があることも考えられるので、薬物療法を受ける必要もあります。

 

その場合は、速やかに専門機関で相談してください。