ひきこもり 脱出 世間体 親

世間体を気にする親

 

2年間ひきこもりに悩んでいるある子供の親は、
世間体ばかり気にして、どうすることもできない

子供の状況に対して、ただ怒っているだけでした。

 

本人は、自分の存在価値に自信をもてないでいました。

 

本人も認めてもらいたい。

 

そのとき、
「あなたはそのままでいいのだよ。」

と、唯一信頼できる家族にだけは、
認めてほしかったのです。

 

本人の気持ちをわかろうとしてくれないことに、
愛情をまったく感じられず、とても辛かったそうです。

 

このケースで問題なのは「世間体」ということです。

 

世間体なんて関係ないよ。

 

子供がひきこもってしまっているのに、
病院やカウンセリングを受けたり、地域の相談機関に

相談したりしないでいる家庭は、世間体を恐れている場合が多いです。

 

「子供がひきこもっていることを、誰かに知られたらどうしよう」

 

という不安感をもっているのです。

 

自分の子供の状況を「恥ずかしい」と感じ、
それを知られたくないという気持ちは、わからないわけではありません。

 

はじめのうちは、まず世間のことを考えてしまうかもしれません。

 

世間は、子供が普通とは違った生活をしていると、
すぐに「親の顔が見てみたい」と言いますよね。

 

世間の理屈とは、
「子供が良くない状況にあると、それは親のせいだ」

というものです。

 

親は、そのように思われることを予期するので、
おびえて行動に出ることができないのです。

 

その結果、家族も孤立して、ひきこもってしまう
という状況になる場合が多いのです。

 

つまり、一切専門家との接点を取ることなく、
誰にも知られないように、家庭内で解決しようとしているのです。

 

しかし、そのように恐れることが、解決への道を遠ざけてしまうのです。
自分の子供よりも世間体の方が大切、なんてことはありえないはずです。