ひきこもり 脱出 精神疾患

精神疾患によるひきこもり

 

うつ病、統合失調症、パニック障害、うつ病などの
精神疾患にかかることで、恐怖感や不安感非常に強くなって、

 

人と接することに抵抗を感じたり、症状のせいで
身体を動かすことができなかったりして、

ひきこもりになってしまう人もいます。

 

精神疾患によって、ひきこもりになってしまった人の例をあげます。

 

ある女性は、大学卒業してから
一旦就職したのですが、長く続きませんでした。

 

それから、職を転々としているうちに、
非常に状態が不安定になっていきました。

 

そして、24歳の時に初めて精神科を受診することを決めました。

 

そこで、「統合失調症」という診断を受け、
外来通院を続ける日々が始まりました。

 

しかし、病状が悪化してしまい、25歳の時には
外出が全くできなくなり、ほとんど自分の部屋に

閉じこもり、寝てばかりの生活になってしまいました。

 

彼女の母親は、その状況から抜け出せないでいる娘のことに悩み、
地域や病院の家族会に参加してひきこもりについて学びました。

 

そこで「デイケア」のことを知りました。
デイケアとは、ひきこもりなどの悩みもつ人たちが集まって、

相談を受けたり作業訓練を行なったり、レクリエーションなどの
活動をしたりして、自立支援を行っているところです。

 

母親は、デイケアを本人に勧めたのですが、始めは拒否していました。

 

ところが、徐々に母親の話を聞くようになり、
デイケアへ一度見学に行くことを決めました。

 

それをきっかけに、デイケアで悩みを語り合える仲間ができ、
その人たちとの交流を通して、だんだんデイケアへ通う回数が増えました。

 

そして、彼女は徐々に明るさを取り戻し、
デイケア以外の場所へも出かけられるようになりました。

 

また、定期的に病院で診察を受け、身体の状態も安定してきています。
今では、作業所へ通うようになり、社会復帰を目指してがんばっています。