ひきこもり 脱出 必要

「ひきこもり」が必要なとき

 

現代社会においては、さまざまなストレスに満ちあふれています。

 

ひきこもりも必要なとき

 

大きなストレスがかかる環境で、自分だけの力では
どうしようもできないこともあるでしょう。

 

ストレス社会から抜け出して自分を守るために、
ひきこもることを選ぶ場合があります。

 

ひきこもることが、必要になる場合もあるということです。

 

ひきこもりから抜け出せなくなる

 

ところが、必要以上にひきこもりが続いてしまうと、
不規則な生活リズムとなり、心と身体のバランスを

乱してしまう可能性があります。

 

また、ひきこもっている自分に対して、孤独と挫折の感情が増し、
どんどん外出できなくなってしまい、その悪循環から

抜け出せなくなってしまう場合もあります。

 

ひきこもりの状態

 

それでは、「ひきこもり」とは、一体どのような状態なのでしょうか?

  • 家族とあまり接することがなくて、自分の部屋からもほとんど出てくることがない。
  • 家族と交流することはあるけど、家の外にはほとんど出ることがない。
  • 買い物程度の外出をすることがあるが、家族以外のほかの人とは、ほとんど交流することがない。
  • 友人などと交流したり外出したりすることはあるけど、通学や仕事など、社会に出て行くことがほとんどない。

 

ひきこもりとなる原因は、大きく2つに分けられます。

 

「心の病気」

まず、その原因が「心の病気」などの場合は、
医療機関へ相談したほうが良いでしょう。

 

そこで治療を受けることによって、その状態が緩和し、
ひきこもりが改善することが少なくありません。

 

「社会的ひきこもり」

また、ひきこもりの原因が「心の病気」とは考えがたい場合は、
「社会的ひきこもり」に陥っていることが考えられます。

そのような状態の場合は、その人によって様々原因が考えられます。